ワキガ対策しとくべき!

MENU

ワキガ対策しとくべき!

そもそもワキガのことが全くわからないので、ワキガの人は臭いらしいという認識しか持っておらず、ワキガの人がどんな臭いを発し、どの程度の臭さなのかわからない。ワキガがテレビなど、メディアで詳しく特集されてることがほとんど無いような気がするので、ワキガでは無い人はワキガのことを知る機会がほとんど無い。ワキガの人は、自分の匂いなどを酷く気にしているのかも知れないが、ワキガでない人間は、ワキガの人を判別することなど出来ない。今はデオドラントなどの体臭予防の商品が沢山あるので、ワキガの方はそれらを使って上手くワキガと付き合えば良いと思う。

ワキガのイメージとして、汗かき(特に脇汗)、体臭が強いの二つが大きいです。ワキガと思われる方とすれ違いざまに、何とも言えないプーンとした鼻につく臭いを感じると、「お風呂に入ってないの?」と思ってしまいます。臭いが強く不衛生と感じることもあります。又、本人は気づいてないのかと疑問に思います。他人にあれほど強く感じられるものなので、ご自分で気づいてなぜ対処しないのだろうかと疑問に思います。最近では数多くの制汗剤や薬用石鹸等発売されているので、ご自分にあった商品でどうにか予防、対処法を見つけて実践されると良いと思います。

独特のにおいがして、とにかく夏場はかなり臭い。昔の職場に一人、わきがの先輩がいた。まわりのみんなが、あの人はわきがだということを知っていた。何か治療法があるのか、臭いが少ない年もあった。良い人だったのだがわきがのイメージが先行して全くモテなかった。もし自分がなったとしたら、手術をしたりいろいろ調べてなんとしてでも回りに迷惑をかけないようにしたい。わきがはどうしてなるのかわからないが、わきがに対するイメージはとっても悪い。一種の病気かと思うので今、問題をかかえていないことに感謝して生きていこうと思う。

ワキガの人が密室にいると、いなくなっても臭いが残っているからすぐ気づきます。手術で治るのだし、周りの人は教えるべきだと思います。私の中学のときからの友達で顔もスタイルのよくてアイドルみたいにかわいい子がいますが、ひどいワキガでした。高校生になってバイトを始めたたところ、お客さんに「お前がいると臭くてご飯がまずくなる」といわれて自分がワキガだと気づいたといってました。私は女の子にワキガだというのはあまりにかわいそうだと思って教えてなかったのですが、気づいているなら早く教えてほしかったと責められ、悪いことをしたなぁと思っています。なので女の子だからとか、言いづらいからと教えないよりは嫌われるの覚悟ではっきり言ったほうがいいと思っています。

ワキガの臭いを防ぐには体質を変えていかなければいけないと思います。臭いの原因は体質によるものが多いと思いますし特に脂質の多い食べ物を多く食べていると脂肪が体に付いてしまって汗を掻きやすくなると考えられます。そのためワキガ体質にもなりやすいのではないかと思います。ワキガ体質を改善していくには体質改善のため野菜中心のメニューにして納豆など健康食品を取り入れていくと体質が少しずつ変わっていくような気がします。またお酒やたばこも汗を掻きやすい体質になってしまうのでお酒の場合は少量にしてたばこは控えた方がいいと思います。

夏場は薄着になるから余計に匂いが気になるし匂う気がする。本人は気づいているのか?が気になります。もし気づいてないまとしたら、教えてあげたほうがいいのか?でも失礼になりそうで、何も言えない事の方が多いです。私自身はワキガではないので、対処法はわかりません。香水とかでごまかそうとすればするほど、匂いがきつくなってひどくなる様に感じます。ワキガは移ると聞いた事があって、そうゆうイメージがあるのであまり接近出来ないイメージがあります。治療法があるならばなおればいいなと思います。あまりいいイメージじゃなくてすいませんでした。

ワキガの方はどこの集団に行っても1人はいるぐらい多いと思いますが、いつも思うのはこの人はワキガだということに気づいていないんじゃないだろうか、ということです。自分では当たり前なのでワキガの臭いというものを知らないだろうし、かといって非常にデリケートな問題なので、指摘できるのは親ぐらいでしょう。決して本人が悪いわけではありません。しかし、接客業にワキガの人がいるのは少しきついものがあると思います。以前通っていた歯医者の歯科助手さんがワキガの方でした。その方自体はいい人ですが、顔の近くで作業をされ、しかも口で呼吸がしにくい状況なので鼻で息をするしかなく、すごくきつい思いをしました。ワキガの方に自分で気付けというのは無理な話です。なのでワキガの子を持つ親御さん。自分の子供がワキガだった場合それを伝えてあげてほしいです。そしてできるならばワキガを治してあげてほしいです。そうすれば本人も周りも幸せです。この世からワキガで悩む人が(いや、本人は悩んでいないかもしれませんが)いなくなりますように。

ワキガに対する認識は欧米に比べると進んでいないと思います。人種の観点からみてアジア系は圧倒的に少ないことが言えます。なので欧米に比べると日本で販売してされているワキガ対策のデオドラントの数は圧倒的に少ないと思います。また、ワキガ対策のデオドラントに対する認知度も低いように感じられます。前述した通り、アジア系はワキガの人の数が圧倒的に少ないのでワキガに対する対策をしていない人が圧倒的に多いと思います。欧米ではある年齢になると自分の好みにあった香水をみにつけ人が多くなります。日本では香水に対する理解も進んでいないように思います。